ホーム>スタッフブログ>2016年2月

2016年2月

漆と金閣寺

1397年に京都の鹿苑寺に足利義光が建立した舎利殿、俗称・金閣寺。

1950年に放火によって焼失し、現在のものは1955年に再建されたものです。

この金色に輝く建物、実は10.8㎝四方の金箔が20万枚も使われているのです!

そして、なんと、大量の金箔を貼るために用いられたのが漆!

というより、もともと全体的に漆塗りの建物だそうで、漆の欠点である太陽光線の紫外線を遮断するために

金箔を貼ったと言われています。

なんとも贅沢ですよね~

 

もし金箔を貼らなかったら黒色?赤色?だったのかな?

では、銀閣寺も漆塗り?どうなのでしょうか。

また今度調べてみます。

漆と南部鉄器

こんにちは。

今朝、NHK教育の子ども向け番組で岩手県の南部鉄器が取り上げられており、

何気なしに観ておりましたら・・・鉄瓶の製作工程で漆が大活躍しておりました。

なんと、300℃に熱した鉄瓶の外側一面に塗られてジュワーッ。

勢いよく湯気が上がっています。なんとも大胆です。

こうして鉄瓶の外側を漆で錆止めするそうです。そして、もちろん塗料としても使われておりました。

「漆を塗る」という一般的なイメージは、職人さんが刷毛で何度も丁寧に、むらなく繊細に・・・といった感じですが。

漆は日本の伝統的な自然の塗料であり、錆止めであることを改めて認識しました。

ちなみに、番組最後にちらっと紹介されていた「南部鉄器のカラフルティーポット」がとても可愛らしくて素敵でした。

海外でインテリアとして人気なんだそうです!納得!