ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

海外のお客様向けにウェルカムボードを飾りませんか?

英和辞典でjapanを引くと、漆・漆器と書いてあります。

ご存じの方も多いのではないでしょうか。

漆は日本を代表する工芸品で、かつては海外でもてはやされていました。

 

そこで、海外の観光客の方々が訪れる、ゲストハウス、旅館、和食屋、居酒屋、土産物屋・・・などのみなさん!

漆の板に和風の装飾や英語でのメッセージをほどこして、海外のお客様向けに歓迎板を飾るのはいかがでしょうか。

受付やレジの横に立てたり、入口付近の壁に掛けたり。

日本の伝統工芸で歓迎の心を伝えてみませんか!?

 

海外からのお客様は長旅で疲れておられます。

もしそんなウェルカムボードで迎えられたならば、ホッと心休まる時間を過ごしてもらえるかも。

 

お問い合わせお待ちしております!

漆のボードに家紋でウェルカム!~家紋のウェルカムボードのご提案~

家紋のウェルカムボードって格式高い感じもあって素敵だと思うんです。

数年前、私自身の結婚式のウェルカムボードにも家紋を用いました。

(わたしは刺繍で両家の家紋を表現したのですが)

 

イメージでは…横長の漆塗りの黒い板に彫刻で両家の家紋を、そして、家紋の間に「絆」とか「未来」とか、

新郎新婦が望む家族の形を金箔の筆文字で堂々と華やかに。

どうですか?渋くてかっこいいと思いませんか!?

 

結婚式の参列者は親族が半数を占めますから、自分の家紋が使われていると喜ばれると思いますよ。

家紋はそれぞれの家の誇りですから。

特にご年配のご親族の方には。

若い方にとっては「うちの家紋ってこんなんだったんだ!」という発見になるかも。

あと、「結婚で家と家が繋がる」というのが表現され、実感してもらえますし。

 

いいな、と思って下さる方をお待ちしています。

イメージ画像が必要でしたらご連絡ください。

ぜひご検討下さいませ。

漆と金閣寺

1397年に京都の鹿苑寺に足利義光が建立した舎利殿、俗称・金閣寺。

1950年に放火によって焼失し、現在のものは1955年に再建されたものです。

この金色に輝く建物、実は10.8㎝四方の金箔が20万枚も使われているのです!

そして、なんと、大量の金箔を貼るために用いられたのが漆!

というより、もともと全体的に漆塗りの建物だそうで、漆の欠点である太陽光線の紫外線を遮断するために

金箔を貼ったと言われています。

なんとも贅沢ですよね~

 

もし金箔を貼らなかったら黒色?赤色?だったのかな?

では、銀閣寺も漆塗り?どうなのでしょうか。

また今度調べてみます。

漆と南部鉄器

こんにちは。

今朝、NHK教育の子ども向け番組で岩手県の南部鉄器が取り上げられており、

何気なしに観ておりましたら・・・鉄瓶の製作工程で漆が大活躍しておりました。

なんと、300℃に熱した鉄瓶の外側一面に塗られてジュワーッ。

勢いよく湯気が上がっています。なんとも大胆です。

こうして鉄瓶の外側を漆で錆止めするそうです。そして、もちろん塗料としても使われておりました。

「漆を塗る」という一般的なイメージは、職人さんが刷毛で何度も丁寧に、むらなく繊細に・・・といった感じですが。

漆は日本の伝統的な自然の塗料であり、錆止めであることを改めて認識しました。

ちなみに、番組最後にちらっと紹介されていた「南部鉄器のカラフルティーポット」がとても可愛らしくて素敵でした。

海外でインテリアとして人気なんだそうです!納得!

 

 

 

 

 

家族の手形パネルをご注文のお客様より写真が届きました!

9月に納品したお客様よりお写真が届きました!
ご家族5人の手形パネルです。

お客様と職人で打ち合わせを重ね、大きさ・デザイン・文字等すべてオーダーメイドで作成いたしました。
ご新築の玄関に飾っていただいております。

漆は邪気を払うと言われておりますし、漆に映える金箔は金運UPの効果がありそうですよね。
玄関のインテリアにぴったりです。

何より、新築時のご家族の手形を残しておくことは、お子様の成長やご家族の絆を確認できます。
本当に素敵なアイデアだと思います♪♪納品手形パネル_玄関インテリア.jpg
 

ウェルカムボードにオリジナルの色彩を。

結婚式場で最初のおもてなしアイテム、ウェルカムボード。

せっかくですから自分好みの色彩でオーダーしてみるのはいかがでしょう。

 

「ここは新婦が好きなピンク、こっちはさわやかな新郎の水色で・・・」など

出来る限り希望にそえるよう、職人が腕をふるいます!花_配色変更.jpg

手形足形の取り方について

 

好評頂いております赤ちゃんの手形足形アイテム。

通常はお申込み頂いた後に当店から専用の手形足形採取キットをお送りさせて頂いて、

お客さまにてお子さまの手形足形をお取り頂いた後にご返送頂いておりますが・・

実はお写真をお送り頂くことで手形足形アイテムをお作りすることも可能です。

手形足形の取り方①.jpg

 このような感じでお写真を取っていただき、お子様の手のひら・足の裏の縦サイズと

 横サイズを計測してお知らせください。

手形足形の取り方②.jpg

 

 ご注文と同時にお写真をお送り頂くことで納期が短縮されます。

 お急ぎの方はぜひこちらの方法にてご利用くださいませ(^_-)

 

ウェルカム行燈ご注文のお客様より

 

先日、納品させて頂いたお客様よりメッセージが届きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもお世話になっております。

週末に無事行燈届きました!有難うございます。とても素敵な仕上がりで主人も喜んでおりました。

結婚式当日、しっかり使わせて頂きます。本当にありがとうございました。

(愛知県 M様より)

 

 ウェルカム行燈印刷タイプサンプル2.jpg 

 (行燈サンプル画像です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

M様、この度はウェルカム行燈のご注文、誠にありがとうございました!

お気に召して頂けてとても嬉しいです。

ウェルカム行燈のやさしい灯りで結婚式の雰囲気を一層引き立てることができれば幸いです。

また機会がございましたらご利用くださいませ(*^^)v

 

 

 

 

 

OL→出産を機に職人へ・・

彫刻・金箔・彩色の技術を磨く仲間。

職人(彩子).JPG

彼女は10月末に出産を控えています。

つい先日までOLをしており、いまは産前休暇中。この間に技術の習得に励んでいます。

そして、出産後は子育てをしながら在宅で彫刻・彩色・金箔の職人となります。

元々手先が器用だったので、練習作業も順調とのこと。 本格デビューが楽しみです!(^^)!

研修風景.JPG  手形足形切り絵部分アップ.JPG

そして、子育ての合間の時間で好きなことを仕事にする・・そんな働き方も素敵ですね。

和婚情報サイト「和婚.jp」に当店商品が掲載されています

和装花嫁.jpg

お盆明けからまた暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

このたび、和婚情報サイト「和婚.jp」に当店の商品記事が掲載されました。

こちらの「和婚.jp」は結婚をお考えの方々に和婚の情報(式場・商品・サービス)を

発信されているサイトです。どの商品・サービスも洗練された素敵な文章で紹介

されていますよ(*^^)v  http://wa-kon.jp/ (和婚.jp)